海外「大阪の水門がユニーク!」←「さすがアニメの国」(海外の反応)

Unique arched floodgates protect from typhoons and storm surges in Osaka, Japan
引用元 https://00m.in/3z6XJ
こちらの記事もどうぞ!
「あれは一体何?」日本の台風対策に海外も興味津々(海外の反応)

台風シーズンの日本でラグビーW杯を開催したことに世界のラグビーファンから不満の声(海外の反応)


・大阪ではアーチ型のユニークな水門が台風や高潮から守ってくれる。



・おっきいな!



・エンジニアリングの偉業。

スポンサーリンク



・アメリカだったら2兆ドルかかるぞ。



・1970年に作られたことに感動。



・↑70年代は石器時代ではない。



・大阪は超クールで先進的な都市。
2005年に訪れた。



・人間対自然の良い挑戦。



・これがアニメの国。



・当然のように日本。



・ゴジラが現れたらおしまい。



・日本は素晴らしい国。
技術的には第一世界のほとんどの国より何マイルも何年も進んでる。
彼らの未来都市を見てみろ。



・↑10年前はそうだったかもしれませんが、今はもうアジアの技術の中心ではない。
中国や韓国がすでに上回っている。



・これはホントに凄い。



・デザインに困惑。



・どうしてアメリカでは電柱の穴さえ修復できないんだ?!



・日本は常に3歩先を行く。



・↑いまだにファックスがたくさん使われていることをご存知?
どこの家電量販店でも新品が売られている。
私が言いたいのは、彼らは常に3歩進んでいるわけではないってこと。



・↑それに現金社会だ。



・これはどの映画のシーン?



・ニューオーリンズにこれが必要だろ。



・↑ルイジアナでは難しい理由だが、ルイジアナ州はかつての湿地帯の上にあるため、ハリケーンによる高潮が上昇する経路が無数にある。
一方の大阪は瀬戸内海の東端に位置しているため、水が進む経路を制限することが可能だ。

スポンサーリンク



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

嫉妬が哀れ

No title

ファックス?

別に使いたいなら売ればいいし、買えばいいだけだろ
現金主義だって同じだ

現物には現物のメリットがある
遅れてるか進んでるかの問題じゃない

確かにファックスや現金は日本は遅れてるよな。どちらもいずれ地球から無くなる存在。古いシステムと新システムを共存させるのはそれだけコストが余計にかかる。

No title

>↑10年前はそうだったかもしれませんが、今はもうアジアの技術の中心ではない。
中国や韓国がすでに上回っている。

水門なんてどこの国にでもあるけど日本の変わった形の水門を紹介しただけなのに、どうしても日本↓中国↑韓国↑を言わないと気が済まないんだね。
それじゃ中国や韓国の最先端でこれ以上の水門を見せてみろよ。
それが無きゃただの悪口だろ。


今は中国や韓国より東南アジア都市部の方が近代的よ

No title

日本以外の国では、FAXといえば、送られて来たものが強制的に自動的に出てくるし、しかも遅い。日本のFAXと比較できないくらいローテクのまま消えていった。
日本のFAXは、PCとの連携から、液晶で確認でき内容をPCやアプリを立ち上げることなく確認できる。また、液晶にそのまま書いて遅れるので、ペンタブと同じ使い方でできる。DATAなどの扱いでは、メールでファイル形式を送った方が早いが、詳細な伝言や、実物大の情報を送る使い方では圧倒的にFAXが便利である。
メールでの文章で丸で囲んで注意を促したり、付け加えた注釈など、断然FAXが早い。寸法サイズの指定で、メール送る場合、写真を加工して情報をつけたりと手間がかかるが、FAXなら手書きでどんどん細かな注釈をつけて送れる。
また、必要であればPCで保存でき加工もできる。

No title

ファクスにも、現金にもメリットがあるから使っている。

何処にでもいるグローバル化、デジタル化万能バカの意見。

No title

中韓押しのコメがドスル―で草

No title

ネズミ捕りみたい

No title

古いものをただバカにする奴らって何も考えていないんだな。
自分の国だって馬に乗った警察官がいるし、大統領は万年筆でサインをする。
電子書籍があるのに印刷した本を売ってるだろ?
電気自動車が主流になったってガソリンエンジンの音は忘れられない。
FAXには手書きの良さもある。
それが分からないのは手書きの文字の良い文化が無い証拠。


最新記事
スポンサーリンク
海外の反応アンテナ更新情報
月別アーカイブ
カテゴリ
このサイトについて
このサイトについて
プライバシーポリシー
問い合わせ
Twitter
過去の記事
RSSリンクの表示
検索フォーム
アンテナサイトのリンク集
順不同 敬称略
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンク2