海外「凄い」世界的な日本の人気ゲームの生みの親にまつわるエピソード

20210227.jpg
引用元 https://00m.in/fOdD4
こちらの記事もどうぞ!
海外「号泣!」日本のゲームファンたちが見せた男気に海外が感動!

日本の大人気ゲームソフトが中国で販売禁止になって海外びっくり仰天!(海外の反応)


・(投稿者)スペースインベーダーを作った西角友宏はゲームをすべて一人で作った。
彼はデザイナーだけでなく、プログラマー、アーティスト、サウンドミキサーを務め、ゲームのマイコンを一から作った。



・ちゃんとやろうとするとそうなるでしょ。



・写真の彼がとても疲れているのは無理もないね。

スポンサーリンク


・E.Tを制作した男だって同じ。



・分かった、自分でやるというノリだったんだね。



・私なんて今朝は氷なしでスムージーを作ったけどね。



・↑一体どんな異教徒がスムージーに氷を入れない?
お前はマクドナルドか?



・↑多くの異教徒がそうする。
私はその中の一人。



・それに彼はレベル1もクリアできないらしい。



・その年の彼の人事評価:友宏はチームプレーヤーではない。



・↑その人事評価もおそらく彼が書いた。



・期待を上回る働き。
1%の昇給だな。



・凄いことだけど、アーティストとしてはあまり評価しないでおこうよ。



・私の大学のグループ研究も同じ。



・↑グループ研究ってそんなもん。



・言い換えると独力でスペースインベーダーを作ったってことか。
凄い。



・当時のゲームってどれもそんな感じだったよ。



・あのゲームがさらに好きになった。

スポンサーリンク

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

昔はプログラマが色々やるなんて普通よ
だからドラクエでガチの作曲家であるすぎやまこういちを採用したのは画期的だった

No title

>その人事評価もおそらく彼が書いた。

わろたw

No title

「〇〇が無い!」「××が足りない!」と文句言う奴には行動力ないから、事が成就しない場合が多い。 何でもやるからこそ、1番手になれる。

でも、一番儲けるのは、2番手のマネージメントの上手い奴!
そして、今の日本に足りないのが、この1番手で、最近、新しいものが生まれずに2番手も生まれないw

No title

都市伝説かも知らんが、インベーダーのヒットで新入社員ですらボーナス百万円貰えたとか。

No title

>だからドラクエでガチの作曲家であるすぎやまこういちを採用したのは画期的だった
すぎやまこういちがゲームファンで、色々感想を送って来たのがきっかけだっけ。

No title

そりゃそうだ当時はチームで作るという概念も薄いし面倒だった
例外はローグのように大学とかで大人数が集まって面白そうだから
やろうみたいな場合

No title

その時代のゲームを複数人で作るなんて事はなかったよ
作業的にも分担しようがない

No title

>>彼はデザイナーだけでなく、プログラマー、アーティスト、サウンドミキサーを務め、ゲームのマイコンを一から作った。

マイコンは作らなかったけど、ZUNさんて人(?)が居てだな

No title

そらお前スペースインベーダーって今のワッホウギュイイインクリアーじゃなくて
白黒でデッ デッ デッ デッのやつのことだろ…一人以外でどうやって作るねん

No title

ファミコン時代まではアケゲーですら制作一人ではなくてもプログラムが一人だけって事も少なくなかったんだが

No title

マルチプレイヤーなエンジニアで伝説的な人物といえば、ウォズニアック。

ファミコンぐらいまでのゲームって

今一人で作って売ってる人が多い同人ゲーム系のジャンルレベルと変わらん
一人や少人数で可能な作業量だしな

No title

当時ならアセンブラでしょう
メモリサイズなど省略してハードべったりだから癖があるから、共同開発するような時代ではない

No title

1978年だとCPUの入ったゲームの最初期だから
まあ全部ICで論理回路組みする方が速いか
CPUでプログラムという新しい設計にするかの分岐点なんで
そら基板設計からプログラムまで全部やるわな。
結局8080CPU入りだけど。


最新記事
スポンサーリンク
海外の反応アンテナ更新情報
月別アーカイブ
カテゴリ
このサイトについて
このサイトについて
プライバシーポリシー
問い合わせ
Twitter
過去の記事
RSSリンクの表示
検索フォーム
アンテナサイトのリンク集
順不同 敬称略
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンク2