大阪の食堂の窮地を救った巨大カイジュウたちが海外で話題に(海外の反応)

まいどなニュース 
JR大阪環状線・寺田町駅のすぐそばにある「ジオラマ食堂」(大阪市天王寺区)。店内には、メインの大きなレイアウト(鉄道模型台)と、小さなレイアウトのある猫部屋があり、持参した車両を走らせながら食事をしたり、猫たちと触れ合ったりすることができる。ジオラマ製作のプロで、顧問の寺岡直樹さん(56)は、コロナ禍で営業自粛を余儀なくされ、店の経営が立ち行かなくなる寸前まで追い込まれた。そんな窮地に陥っていた矢先、5匹の親子猫が現れた。キジトラの母猫・サラ(メス、2歳半)、その子どものシンバ(オス)、レオ(オス)、ナラ(メス)、ライア(メス)の4匹(レオは白黒柄、その他はキジトラ。いずれも生後半年)だ。子猫たちが救世主となり、店はいま、再び活気を取り戻しつつある。

引用元 https://00m.in/G89Zh https://00m.in/ub6t7
こちらの記事もどうぞ!
日本の釣り人たちが猫が仲良くする様子に世界もホッコリ(海外の反応)

地震発生時の日本の猫カフェにいる猫たちの様子(海外の反応)



・猫さえも電車好き。



・ニャジラ!



・進撃のニャーニャー!



・ゴジラの子供たちにとっては最高。



・最後に出てきた白猫の種類は何?
どうやったら飼える?



・↑普通の家猫だよ。
特別な種類ではない。

スポンサーリンク


・猫たちが車掌。



・猫に自分のコレクションで遊ばせるのはOK。
子供に遊ばせるのはダメ。



・店にとっては良いこと。
でもセットのメンテナンスが大変だろう。



・気を付けろ!ネコジラがやってくる!



・あんなに素晴らしい電車模型を台無しにするなんて。
ちなみに私は猫好き。



・キャジラたちを毎日ストリーミングしてくれたら最高なのに。



・もしも私があの模型セットで実際に乗客だったら、驚くだろう。



・わお!ペットに対する彼の愛は素晴らしい。



・大阪のどこにあるの?



・待ちな。
これは鉄道カフェ?それとも猫カフェ?
混乱してきたぞ。



・鉄道をテーマにした猫カフェに変身。

スポンサーリンク

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ねこが何か壊しても不思議と腹が立たない


最新記事
スポンサーリンク
海外の反応アンテナ更新情報
月別アーカイブ
カテゴリ
このサイトについて
このサイトについて
プライバシーポリシー
問い合わせ
Twitter
過去の記事
RSSリンクの表示
検索フォーム
アンテナサイトのリンク集
順不同 敬称略
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンク2