海外「不思議!」飛鳥時代の日本の不思議な石に海外興味津々!(海外の反応)

20201129.jpg引用元 https://00m.in/RMz8F  https://00m.in/xFedF
こちらの記事もどうぞ!
とても日本らしい謎の獣に海外も納得(海外の反応)

京都では「良い時計してますね」は誉め言葉ではない(海外の反応)


・(投稿者)日本の7世紀飛鳥時代にある目的不明の溝が刻まれた酒船石。
酒船石遺跡(さかふねいしいせき)は、奈良県明日香村岡にある、いくつかの石造物からなる遺跡。
酒船石  小高い丘の上にある花崗岩の石造物。主軸はほぼ東西で、現存の長さ約5.5メートル、幅(南北)約2.3メートル、厚さ約1メートルであるが、北と南の一部が欠けている。上面に皿状のいくつかのくぼみとそれを結ぶ溝が刻まれている。円形・楕円の深さ約10センチメートルで六カ所有る。中央は長楕円形で、長さ1.35メートル、幅70センチメートルである。各くぼみは溝で繋がっており、主軸上を通る溝は幅10センチメートル、深さ3センチメートル、断面はU字形に彫られている。江戸時代から多くの仮説が唱えられ、酒を造る設備、あるいは薬などを造るための設備ともされ、諸説あるが定かではない[3]。1935年(昭和10年)に岡の酒船石から南10メートルほどの箇所で石の樋説もある車石も見つかっていることから庭園の施設とも言われている[4]。また古代の流体素子であったという説もある[5]。 後世江戸時代に高取城を築城するため石垣用の石材として利用しようとしたと思われる石割用の石鑿の跡が見られ、上面の造形が欠損している[注釈 1]。 1927年(昭和2年)4月8日、国の史跡に指定された。wikipedia


・古の神々を喜ばせるために血を捧げていたのでは?



・血の為であってほしい。



・天狗の血、明らかに天狗の血の為だ。



・インディジョーンズをたくさん見てきた私から言わせれば、血の為であることは間違いない。

スポンサーリンク



・武器を鋳造するために使われていたのでは?



・誰もがビデを必要とする。
これはゲームチェンジャー。



・血の捧げものをするためだと最初に思ったね。



・液体金属を流しこむためだろ。



・海水を乾燥させて塩を採るためかな?



・友よ、それは隕石やぞ。



・USBのロゴみたい。



・猫に水を与えるため。



・↑これが正しい答えだろうな。



・↑うん、そうだね。(私は猫にボウルから水を飲ませている)



・私は映画をたくさん見てきた。
血の供え物で間違いない。



・↑それは悪い理論ではない。



・酒を造るためだろ。
古代の日本の話をしているんだから。



・こんな風に鋳造できる?



・↑血の捧げものと一緒にか?

スポンサーリンク



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

血を捧げるって何?
キリスト教徒の無知さと気持ち悪さが凄いわ。
他国の文化風習も理解しないで、自分達の妄想や考えを押し付けてくるバカが多文化ガー!とか叫んでるんだよね?
気持ち悪い。

子供の頃、この石で薬を作ったって聞いたことあったけど、本当何使ったんだろう
個人的に祭事に使ってお酒とかお米とか供える祭壇じゃないかと思ってる。

No title

外国の儀式であるんだよこういう血を合わせるような装置が。何れにしろ欠損部分は誰かが運び去ったか、或いはこの部分だけ誰かが此処に運び込んだかだから、当時のそれなりの権力が関係してると思う。

三つ目がとあるでこの石出てたなぁ。
薬作る為の石として出てきたな

ぱっと見生贄の解体した各パーツをあの窪みに収めて、流れ出た血を溝に流して回収って感じだな

No title

三つ目族の遺跡だろ

No title

飛鳥時代だから生贄は普通にありえるよ
当時は牛の首を切り落として捧げたり、家畜を殺して焼く燔祀などが普通に行われてたからね
こういった犠牲を伴う祭りは古神道では珍しくもない
あとこの時代に流行した道教や水神信仰なんかも生贄を重視していたらしくて、
この二つは信仰対象として石祠を建てることが多いから、そこらへんも符合してるな

1コメが見事自分へのブーメランになってて、おお、もう…となったわ

No title

たこ焼き機だろ

アブトル・ダムラル・オムニス・ノムニス・ベル・エス・ホリマク・・・

No title

すぐオカルトに結びつけるな
こんなの普通に上澄みを分離させるための道具


最新記事
スポンサーリンク
海外の反応アンテナ更新情報
月別アーカイブ
カテゴリ
このサイトについて
このサイトについて
プライバシーポリシー
問い合わせ
Twitter
過去の記事
RSSリンクの表示
検索フォーム
アンテナサイトのリンク集
順不同 敬称略
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンク2