米制作の南京事件に関するドキュメンタリー映画(海外の反応)

『南京』は、アメリカ合衆国製作で2007年に公開された南京事件に関するドキュメンタリー映画。中国で『南京』、台湾で『被遺忘的1937』の題名でも公開された。 日本では2009年12月13日の「南京・史実を守る映画祭2009」で上映された。 ウィキペディア
引用元 https://00m.in/5FgwC https://00m.in/bjDqW
こちらの記事もどうぞ!
日本がオーストラリア人女性も慰安婦にしていたことが明らかに(海外の反応)

南京で日本軍から多くの中国人を救ったデンマーク人(海外の反応)



・これを見ていて、怒りが湧いてきた。




・夏の間、東京に留学して、同じトピックを学んだ。
戦争は地獄。
でもこれはより暗い話だ。



・だから日本は軍隊を持つことを許されない。



・↑それは間違っている。
日本には世界4位の力を持つ軍隊がいる。



・そして東南アジアの海上で中国は全く同じいじめっ子になった。



・信じられない話だ。共有してくれてありがとう。



・生き残ったのは78人...悲しいことに彼らが謝罪を聞くことはなかった。

スポンサーリンク



・これって本当に起きたことなの?
私は信じない。



・↑あなたは日本人だね?



・↑ホロコースト否定論者でもあるのだろうね。
哀れだね。



・日本人は南京で恐ろしいことを行った。



・ほとんどの日本人は漫画とアニメを産み出したことで既に世界に謝罪を行ったと思ってる。



・日本は一体どうやって、1世代の間に南京事件からポケモン・ドラゴンボールZに移行したの?



・何も言うことはない。
神様、何とかしてくれないか?



・南京事件に関する本を読んだことがる。
最後まで読むことが出来なかった。
写真や体験談で何週間もうなされた。



・侵攻してきた軍が残酷であることは歴史的に証明されている。



・南京事件は本当に恐ろしいな。



・だから中国人と韓国人は今でも日本人を憎んでいる。



・アメリカ人の方が酷いことをしてきたし、今でも酷いことをしている。

スポンサーリンク



関連記事


最新記事
スポンサーリンク
海外の反応アンテナ更新情報
月別アーカイブ
カテゴリ
このサイトについて
このサイトについて
プライバシーポリシー
問い合わせ
RSSリンクの表示
注目記事(外部サイト)
Twitter
検索フォーム
アンテナサイトのリンク集
順不同 敬称略
QRコード
QR
リンク2