とても日本らしい謎の獣に海外も納得(海外の反応)

20191030657a8ea.png
引用元https://00m.in/CqQUH


・(投稿者)日本のおとぎ話で、森に住む異獣という奇妙な獣が存在することを今日初めて知った。
山を歩いていて、異獣に遭遇しても怖がってはいけない。
昼飯を分けてあげるだけでいい。
その獣は君の重い荷物を背負ってお礼をしてくれる。
異獣(いじゅう)は、鈴木牧之による江戸時代の書物『北越雪譜』で語られている謎の獣。 ある年の夏の初めのこと。越後国(現・新潟県)の問屋が遠方の問屋へ急ぎの届け物をすることになり、竹助という男が大荷物を背負って使いに出た[1] 。7里(約28キロメートル)の道のりの途中、山中で竹助が一休みして食事を取ろうとした[1]。 そこへ谷間の根笹を押し分け、奇妙な獣が現れた。サルに似ているがサルではなく、頭の毛が背中に垂れるほど長く、背丈は人間よりも大きかった[1]。獣が弁当を欲しいそぶりをするので、竹助は用心しつつも弁当をわけると、獣は嬉しそうに食べ始めた[1]。 安心した竹助は、帰り道にも弁当をわけてあげようと告げ、そろそろ出発しようと荷物を手に取ろうとすると、それより先に獣が荷物を背負い、竹助の前を歩き始めた[1]。お陰で竹助は苦もなく山道を歩ききることができた。 目的地が見えてくると、獣は荷物を降ろして山へと駆け去った[1]。その速さたるや、疾風のようであった[1]。以来、この獣は山を通る者にしばしば目撃された他、人家を訪れて食べ物をねだることもあったという[1]。 出典ウィキペディア



・つまり食べ物で働いてくれるシェルパ?



・なんて礼儀正しい獣なの。



・この謎の獣って妖怪でしょ?



・ま、日本が起源のクリーチャーなら、もちろん人に従順。



・他の国に比べて、日本には神話上のクリーチャーが多いようだね。



・なんて気持ちの良い獣なのだろうか。



・獣じゃないだろ。友達だ。

スポンサーリンク


・でも俺の昼飯なんだぜ?
ここまで荷物を背負ってきたんだ。
悪魔に手伝ってもらわなくても結構だ。



・お礼に食べられてしまうかと思ったら。



・どうしてこれに関するアニメがいまだに誕生していないの?



・↑蟲師を見てごらん。
この妖怪ではないけど、似たようなクリーチャーが出てくる。



・日本のモンスターって怖くないし、あまり人を怒らせない。



・こういう面白い妖怪がたくさん存在する。
日本のおとぎ話は午後の暇つぶしにはもってこい。



・お化けやモンスターが礼儀正しいのは日本だけ。



・でも君がビーガンだと、話が変わってくるんだよね。



・なんていい奴。



・もしも昼食を既に食べていたらどうなるの?



・昼飯と荷物を失う素晴らしい方法だね。

スポンサーリンク

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

縄文時代から日本にはクリチャーがいるようだ。

No title

船が難破して、茂みに隠れていた、腹を空かせたロシア人の話だなw

No title

江戸時代だと東北地方で猟師がオオカミよりも大きなネコに襲われたとか巨大なネコを狩って食べたという伝承がいくつか残っている。
ひょっとしたら日本にもネコ科の肉食獣がいたのかもね。

すねこすりに遭って、変な声を上げなら腰を抜かしてみたい

日本の怪異は隣人扱いだからな。
上位下位は無く共存するためのお話で、こういうのは自然で生きてゆくための教訓として広まるものだから。
八百万の神の理解がないと小豆洗いとか意味解らんくなるしな。
ある意味変な国だよ。

No title

グラップラー刃牙に出てたような。

うん。今の常識で考えれば、外国の貿易船が転覆でもして漂着した外人だろうね。
当時の日本人から見たら、そら化け物に見えたに違いない。
荷物を運ぶという事は、黒人奴隷の生き残りの可能性があるな。

No title

流れ着いた西洋人だろうな。
たぶん逆もあると思う。
髪の毛も赤く、肌も赤かったと残ってる偉人の実話もある。
もしかしたら赤鬼の起源かも知れん。

ヤッバい奴とナイスな奴が混在しておりますのでなんとも…

No title

サンカを検索
昔から定住せず放浪の山の民みたいなのが居た

No title

トトロのことだろw


最新記事
スポンサーリンク
海外の反応アンテナ更新情報
月別アーカイブ
カテゴリ
このサイトについて
このサイトについて
プライバシーポリシー
問い合わせ
Twitter
過去の記事
RSSリンクの表示
検索フォーム
アンテナサイトのリンク集
順不同 敬称略
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンク2