パラシュート開かず、1500m下の森に激突も助かる(海外の反応)

201908222.jpg
2019.08.17(CNN) カナダ・ケベック州の警察は17日までに、スカイダイビングに興じていた30歳の女性のパラシュート2個が開かず、5000フィート(約1524メートル)以上落ちて森林地域に激突したものの命拾いする一幕があったと報告した。 脊椎(せきつい)を含む複数の骨折を負ったものの、命に別条はないという。 女性のパラシュートなしの降下の目撃者は地元のCNN系列局CBCに、「彼女は誰よりも速く落ちていた」と証言し、助かったことは「奇跡」と驚いた。
引用元 http://urx.blue/vSs3 http://urx.blue/VaSq

こちらの記事もどうぞ!
「台風で山東省のほぼ全員が死亡」中国テンセント、誤報を謝罪(海外の反応)


・この世の中には理解できないことがいくつかある。
その一つがパラシュートが開かなかったのに助かった人たち。



・これが奇跡かどうかは分からない。
脊椎を含めて何か所か骨折している。
麻痺が一生残るかもしれない。



・↑しぬよりはいいだろ。



・↑麻痺の度合いによる。議論の余地あり。



・何が奇跡?
神は彼女の命を奪うことを決断されたのに、彼女はしぶとく生き残った。



・奇跡だとしたら、神はそもそもパラシュートを開かせていた。

スポンサーリンク



・恐ろしい。
9年前にこの場所でスカイダイビングをした。
6年前にここからそう遠くない場所で友人の兄が、パラシュートが開かなかったために亡くなっている。
それ以来、私はスカイダイビングをしていない。



・↑当局に知らせろ。
もしかしたら犯罪捜査として扱われるかもしれない。



・パラシュートが完全に開かなかったようだね。
それでも生きていてラッキーだ。



・↑メインも予備のパラシュートも全く開かなかった。



・↑私が学んだことが一つあるとしたら、メディアはスカイダイビングの事故を理解していない。
パラシュートが開かなかったら、彼女は絶対に助からない。
私はダイバーだ。



・宝くじを買うべき。



・両パラシュートともに同じ人物が畳んだのでは?



・誰も可哀そうな木々のことは気にしない。
典型的だ。



・上空4500フィートから落ちても助かる。
縁石につまづいて転倒し、頭を打ってしぬ。
人間っておもしろいね。



・スカイダイビングに全く興味がなくて良かった。



・つまりパラシュートが開かなかったら、木々に向かって落ちろってこと?

スポンサーリンク

コメントの投稿

非公開コメント

No title


森の意思があなたを生かすと決めたのだ

残りの命を森に捧げよ

脊損してなければいいけどね。
完全に開かなかったのか、途中で開いたけど高度が足りなかったとかかな。
自由落下だと流石に助かるとは思えないし。

不幸中の幸いっていう言葉有るけど、トータルで考えたら不幸であることに変わりはないよね

No title

パラシュートが開かないって稀によくある事?

No title

パラシュートが開かなくて岩に叩きつけられたけど腹筋鍛えてたおかげで生き残った女性も居たよね

No title

科学的な素養のない意見が多いから指摘しておくけど、

人間みたいな一定以上の大きさを持っている物体を自由落下させた場合、空気抵抗によって一定以上の速度には加速しないという現象が起きる。

これは落下を始める高度によらず、落下中の人間の姿勢によって常に一定になる。(大の字に手足を広げて落ちていくときの速度と、手足をたたんで頭から落ちる場合では前者の方がゆっくりになるのは明らか)

人間が落下姿勢を衝突ぎりぎりまでコントロールできた場合、木の枝などにぶつかって助かる可能性は結構高い。(ただし、結構な落下速度になることは間違いないので狙って安全な場所に落ちることは困難なので真似はしないほうが良い)

No title

予備のパラシュートが開かなかったのは何故?
既に指摘されてるけど同じ人が畳んだことが原因なら、予備の意味がない。
複数人で畳む、畳む手順の遵守、そういう対策はしてるのだろうか。

No title

落下しながら今までの人生が走馬灯のように駆け巡ったんだろうな


最新記事
スポンサーリンク
海外の反応アンテナ更新情報
月別アーカイブ
カテゴリ
このサイトについて
このサイトについて
プライバシーポリシー
問い合わせ
Twitter
RSSリンクの表示
検索フォーム
RSSリンクの表示
アンテナサイトのリンク集
順不同 敬称略
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンク2