<

「目立つ」かつて日本には籠を被る修行僧がいた(海外の反応)

kaigaiwelcome
日本文化
このカテゴリ一覧を見る
20230504.jpg引用元 https://00m.in/xxhLI
こちらの記事もどうぞ!
海外「狂ってる!」自らの命を捧げる日本の仏僧の修行に海外びっくり仰天!

海外「悪ふざけ?」日本のお坊さんの鐘の鳴らし方に海外びっくり仰天!(海外の反応)

日本のネット民に人気を博したエジプトの神←「奇妙な国だな」(海外の反応)


・(投稿者)虚無僧は常に頭に籠をかぶることで自我の不在を象徴する日本の僧侶であった。



・食料品の買い物が楽になる。

・私もあんなにおしゃれなカゴを被りたい。



・私はエゴがないので、エゴがないことを皆に示すために頭に帽子をかぶるのは、エゴイスティックなことだと思う。



・私はいつも、エゴは人間の精神と切り離せないものだと思っている。



・これが道。



・社会から自分を引き離すということを除けば・・・。



・自我がないことの反対のように思える。「見よ、大きなバスケットを乗せて笛を吹きながら練り歩く 」といった感じだ。



・あの派手なカゴを頭に乗せて練り歩く連中を見ろよ。彼らは自分を何様だと思っているのだろう?



・武士も旅先でこれを身につけることがあった。僧侶になりすますことで、より溶け込むことができる。



・三船敏郎が『或る剣豪の生涯』(1959年)のラストでこれを被っているのを見たばかりだ。その理由がわかったよ。



・皆さん、私を見てください!私は自我のない僧侶です!!



・ベセスダのゲームで会いそうな人たち。



・↑この人たちは色んなゲームに出てくる。



・↑ゴーストオブツシマでこの中の一人を見たのは間違いない。



・ただの外見に自信がない連中。
日本文化