人間は迷子になると無意識に円を描いて歩くらしい ←「今、迷子中だから助かった」(海外の反応)

20220129.jpg
引用元 https://00m.in/gRvfU
こちらの記事もどうぞ!
伊の飲食店では冷凍食品を提供しているか伝えないといけないらしい(海外の反応)

頑固な日本人のおかげで女川原発はメルトダウンを起こさなかった(海外の反応)

・(投稿者)人間は迷子になると、何らかの外的な基準点がない限り、円を描くように歩いてしまうらしい。



・マインクラフトでいつもそれをやってしまう。



・蟻地獄みたい。



・私は片方の足が短いので、直感的に理解できる。



・月も星もない夜、完全に迷子になったら、朝までじっと待つのが一番いいということだろう。あてもなく歩き回るより、座って暖を取る方がエネルギーを節約できそう。



・これは利き足が関係している。



・足の長さが左右で違う場合に限る。



・だから昔からのサバイバル術では、片側で足を引きずることになっている。



・地球は回転しているので、厳密には私たちは常に円を描いて歩いていることになる。



・道に迷ったら、小川を辿りなさいといつも教えられてきた。

スポンサーリンク



・道を探そうとする心理と関係があるのでは?



・これが道に迷ったら動かないことを推奨する多くの理由の一つ。また、やむを得ずその場を離れる必要がある場合は、自分の痕跡を残すべきというのもこのためだ。複雑なものである必要はない。帰り道がわかるように、あるいは誤って戻ってきたときにわかるように印をつければいい。もし誰かが探してくれていたら、印を見て、あなたを見つけることができる。
わかりやすいものにしよう。



・同じ道を歩いていて、一周したことに気づくことはよくあること。



・太陽や月が見えるなら、かなり簡単。円状にさまようことはない。



・電話で話している時もぐるぐる回ってしまう。



・だから万が一、迷子になったり、足止めを食らったりしたら、同じ場所にいるのが一番なんだよ。



・イケアで矢印に従わないとどうなるか、よくわかった。



・今、迷子になっていたから助かったよ。



・太陽が見えない場合は、見える範囲で遠くの目印をいくつか選んでおくのもひとつの手。
次の目印は必ず、前の目印となるべく揃うように選ぼう。
目印は山が一番だが、高い木でもいい。霧で視界が悪いときでも、目印が連続していれば、目印がないときよりもまっすぐ歩けるようになる。



・森で迷子になったら、おもちゃのコンパスでも役に立つよ。

スポンサーリンク



関連記事


最新記事
スポンサーリンク
海外の反応アンテナ更新情報
月別アーカイブ
カテゴリ
このサイトについて
このサイトについて
プライバシーポリシー
問い合わせ
RSSリンクの表示
注目記事(外部サイト)
Twitter
検索フォーム
アンテナサイトのリンク集
順不同 敬称略
QRコード
QR
リンク2