戦国時代の日本を舞台にした名著が生まれたきっかけ(海外の反応)

20190715s.jpg
引用元 https://www.reddit.com/r/todayilearned/comments/ccoq3m/til_the_1100_page_epic_novel_about_the_history_of/

・(投稿者)ジェームズ・クラベルが書いた日本の歴史を描いた1100ページに及ぶ大作「Shōgun」は、娘の教科書にあった「1600年代に英国人男性が日本に行って、サムライになった」というたった一文がヒントになったらしい。



・そして、その男の名はトム・クルーズ。



・つまり「ラストサムライ」か。



・↑両方とも、違う時代に日本を訪れた西洋人が話の元になっている。



・素晴らしい本だ。
リチャード・チェンバレン主演のテレビ作品も視聴に値する。



・↑テレビ作品の方はどうかな。
そこそこだったし、本を読んでいたら楽しめるだろう。
でも、本の良さを引き出せていない。

スポンサーリンク




・おお、第一のWeebか。



・彼は素晴らしい物語の語り手だよ。



・私が読んだ小説の中で最高作の一つ。



・12歳の時に読んだよ。
ミニシリーズもあったね。



・友達が数年前にこの本を貸してくれたが、第10章を超えることが出来ない。



・大学1年の時に読まされたよ。
全部読むことを課されなくて良かった。
その場で退学していただろうね。



・日本人は、Shogunをどう思っているのだろう?



・今までに読んだ中で最高の1冊。
日本文化に夢中になるきっかけとなった。



・この本がきっかけで封建時代の日本に興味を持つようになった。



・Herosのシーズン3のあらすじみたい。



・Amazonで注文した。読むのが楽しみ!

スポンサーリンク

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

日本人有名作家の英訳本のがおもしろそうだけど知識が無いとついていけないか。
どうせ画一化された野蛮な封建社会の日本に興味を持ったって程度だろうし

No title

リチャード・チェンバレン「島田陽子だと思ってハッスルしたら別人だったでござる」

ウィリアム・アダムスの話だっけ?

島田陽子をスターにした、それだけの意義しかないな。
あの中途半端な日本文化理解は害悪にしかならない。


最新記事
スポンサーリンク
海外の反応アンテナ更新情報
月別アーカイブ
カテゴリ
このサイトについて
このサイトについて
プライバシーポリシー
問い合わせ
Twitter
RSSリンクの表示
検索フォーム
RSSリンクの表示
アンテナサイトのリンク集
順不同 敬称略
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンク2