米制作の南京事件に関するドキュメンタリー映画(海外の反応)

『南京』は、アメリカ合衆国製作で2007年に公開された南京事件に関するドキュメンタリー映画。中国で『南京』、台湾で『被遺忘的1937』の題名でも公開された。 日本では2009年12月13日の「南京・史実を守る映画祭2009」で上映された。 ウィキペディア
引用元 https://00m.in/5FgwC https://00m.in/bjDqW
こちらの記事もどうぞ!
日本がオーストラリア人女性も慰安婦にしていたことが明らかに(海外の反応)

南京で日本軍から多くの中国人を救ったデンマーク人(海外の反応)



・これを見ていて、怒りが湧いてきた。




・夏の間、東京に留学して、同じトピックを学んだ。
戦争は地獄。
でもこれはより暗い話だ。



・だから日本は軍隊を持つことを許されない。



・↑それは間違っている。
日本には世界4位の力を持つ軍隊がいる。



・そして東南アジアの海上で中国は全く同じいじめっ子になった。



・信じられない話だ。共有してくれてありがとう。



・生き残ったのは78人...悲しいことに彼らが謝罪を聞くことはなかった。

続きを読む

戦時中に米兵が日本兵か見破るために使った方法(海外の反応)

201912136.jpg引用元 https://00m.in/BgqE6
こちらの記事もどうぞ!
南京で日本軍から多くの中国人を救ったデンマーク人(海外の反応)


・(投稿者)日本人のLの発音の誤りを利用して、太平洋戦争でアメリカ兵はlollapaloozaのようなLを含んだ言葉を合言葉に使用した。
もしも最初の2音節で「rorra」と返ってきた場合は、残りを聞くことなく発砲した。



・天才かよ。



・これはレイシスト。



・今の時代だったらポリコレが騒ぐ。



・笑ってしまうことに罪悪感を感じる。



・今でもフィンランドでは似たような戦略がとられているぞ。

続きを読む

日本がオーストラリア人女性も慰安婦にしていたことが明らかに(海外の反応)


引用元 https://00m.in/3sUAK
こちらの記事もどうぞ!
韓国で日本に対して起こした裁判に海外もあきれ顔(海外の反応)

日本のなでしこ隊について今日初めて知った(海外の反応)


・(投稿者)日本がオーストラリア人女性を戦時中に性奴隷にしていたことを証明する文書が発見された。



・これはニュースではない。
広く知られている。



・彼らは酷いことをたくさんした。



・日本人は戦時中に酷いことをした。
特に捕虜に対して。



・↑全く語られていないことが狂っている。
彼らはナチスドイツに並ぶ。
日本が行った戦争犯罪について知らなければ、「731部隊」で調べてみろ。



・↑もしくはバターン死の行進か南京事件。



・第二次世界大戦中に被害に遭った女性たちのことで、すべて日本を責めるといい。

続きを読む

ローマ教皇の心を動かした「焼き場に立つ少年」の写真(海外の反応)

20191124aafd.jpg
2019年8月9日(金)NHK
原爆が投下されてから74年となる長崎で、改めて注目されている写真があります。>被爆後の長崎で、アメリカの従軍カメラマンが撮影したモノクロ写真「焼き場に立つ少年」です。少年が背負っているのは亡くなった弟。その火葬の順番を待つ姿を捉えたものです。
引用元 https://00m.in/HuM7S https://00m.in/ap4c8
こちらの記事もどうぞ!
京都に原爆が投下されなかった理由に海外もビックリ仰天(海外の反応)

広島と長崎への原爆投下は戦争犯罪だと思う?(海外の反応)


・あの少年の表情は胸が痛む。



・これは力強い写真。



・亡くなった弟を背負って、適切に埋葬できる場所を探しているんだね。



・火垂るの墓。



・↑私は何週間も泣いたよ。
そして私は振り返り、疑うことを知らない友人たちに映画を見せた。
私は邪悪なんだ。



・これはヘビーだな。

続きを読む

京都に原爆が投下されなかった理由に海外もビックリ仰天(海外の反応)

20191112ae.jpg
引用元 https://00m.in/7vXw0
こちらの記事もどうぞ!
広島と長崎への原爆投下は戦争犯罪だと思う?(海外の反応)

南京で日本軍から多くの中国人を救ったデンマーク人(海外の反応)


(投稿者)長崎でも広島でもなく、京都が原爆投下の標的リストで一番上だったことを今日初めて学んだ。
陸軍長官のヘンリー・スティムソンは、邸宅・寺社が残る京都をリストから外すよう命令したが、軍はリストに戻し続けた。
スティムソンは原子爆弾に関して、マンハッタン計画の長レズリー・グローヴズ准将を監督し、原爆投下決定を検討したとされる「暫定委員会」の委員長を務めていた。ルーズヴェルトと後任のトルーマンは共に、原子爆弾のあらゆる局面で彼の助言に従った。そして必要とされるときスティムソンは軍の意見を却下した。 例えばスティムソンの頭越しでグローヴズから受け取った原爆投下の目標リストのうち、文化の中心都市であるとして京都への投下に強硬に反対しリストから外させた[10]。スティムソンの7月24日付の日記には「私は京都を目標から外すべきだと大統領に伝えた。もし一般市民が暮らす京都に原爆を落とすという理不尽な行為をすれば、戦後和解の芽をつみ、日本が反米国家になってしまうと。ウィキペディア


・なんという博愛主義者!



・私は今日、人間ではなく建物が重要であることを初めて学んだ。



・でも、どうして2つ投下したんだ?



・↑一つ目の後に降伏しなかったから。



・それから悪天候により、小倉ではなく長崎に原爆が落とされた。



・ありがとう、アメリカ。
京都に原爆を落とさなかったのは良い判断だ。
でも他の2都市に投下した。。。



・↑他に選択肢があったか?
侵攻して、もっと死者を出せば良かったのか?



・間違いなくアメリカは史上最悪のテロ国家。



・↑第二次世界大戦後はね。
第二次世界大戦中は日本とドイツを超えているかどうか分からない。

続きを読む

最新記事
スポンサーリンク
海外の反応アンテナ更新情報
月別アーカイブ
カテゴリ
このサイトについて
このサイトについて
プライバシーポリシー
問い合わせ
Twitter
過去の記事
RSSリンクの表示
検索フォーム
アンテナサイトのリンク集
順不同 敬称略
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンク2