明治神宮で結婚式の行列に感動した外国人(海外の反応)

Stumbled upon a Japanese wedding at Meiji Shrine. I was amazed that every visitor stood still, gave the wedding procession their space, and didn't make any noise. from r/japanpics
引用元 https://00m.in/KKRs7
こちらの記事もどうぞ!
韓国の合同結婚式で全員がマスクをしてないんだけどさぁ(海外の反応)

海外からも悲しみの声!都内最古の木造駅が東京五輪後に解体へ(海外の反応)


・(投稿者)明治神宮で日本の結婚式に偶然出くわした。
訪問者が全員立ち止まって、結婚式の行列にスペースを与え、音を立てなかったことに驚いた。



・私も何度かあそこで目撃したことがある。



・2年前に明治神宮を訪れた時、同じ経験をした。



・これはリスペクトと呼ばれること。



・↑(投稿者)世界中から来る旅行者がしばしば欠くことでもある。



・↑西洋人(アメリカ)だけど、同意だ。
私と妻はいつも尊敬の念を持って旅する。
周りの状況には気を配り、人の邪魔をしない。
何よりも重要なのは、訪問先の言葉やフレーズを少なくともいくつか憶えていく。
休暇中に私たちと出会った多くの人たちは、私たちがアメリカ人であることに驚いていた。
何度もカナダ人かどうか尋ねられた。

続きを読む

海外「知らなかった!」日本のあるタブーに海外興味津々!(海外の反応)

202001186.jpg
引用元 https://00m.in/mE6jQ
日本でポケベルの葬式が行われる(海外の反応)

・(投稿者)日本では99%の人たちが、火葬されるらしい。
火葬された後、遺族は箸を使って、遺灰を骨壺に移す。
箸と箸で物を渡すことが許されるのはこの時だけ。
葬儀以外でそれを行うと、葬式を連想させてしまう。



・家族にとってはとても嫌な仕事のようだね。



・↑本物の骨を拾う方が病的だろ。



・↑棺桶を担いで、地中に埋めることも、病的に見える。
見方によるだろ。



・↑少なくとも棺桶なら、遺灰を吸うことはないだろ。



・↑吸うことでいつまでも君とともに生きる。



・愛する者に遺骨を拾ってほしい?それとも他人に拾ってほしい?
これは最後の愛情を見せる行為だと思う。



・↑猫用トイレのスコップで私の遺骨を拾ってくれればいい。

続きを読む

日本にある温泉の半数以上がタトゥー禁止なんだって!(海外の反応)

201912296.jpg
引用元https://00m.in/71I5p
こちらの記事もどうぞ!
タトゥー客の入浴で揺れる別府温泉街 (海外の反応)

日本の温泉旅館に泊まったイタリア人女性がつり目ポーズ(海外の反応)


・(投稿者)日本の温泉の半数は、タトゥーがある人の施設の利用を禁止していることを今日初めて学んだ。ヤクザは大きくて目立つタトゥーを入れていることが多く、彼らを締め出すためだ。



・そうだよ。
たとえカナダ人女性であっても。



・ジムや銭湯もそう。
だから目立たないように手を覆っている。
問題が起きたことはないぞ。



・ホテルとレストランも同じ。
少なくとも90年代から続いている。



・いいぞ!品位を守れ。



・日本に行ったタトゥーのある非日本人だ。
たしかに竜よく出来ないが、プライベートな温泉なら大丈夫。

続きを読む

日本で着物を着る夢を叶えたトランスジェンダーの外国人女性(海外の反応)

Was able to fulfill my dream of doing a Kimono walk last month in Japan (18 months on E) from r/lgbt
引用元 https://00m.in/7co5n https://00m.in/MRG2I
こちらの記事もどうぞ!
日本人女性が日本の文化を盗用していると非難される(海外の反応)

京都市がキム・カーダシアンの「KIMONO」に抗議文(海外の反応)


・(投稿者)先月、日本で着物を着て歩く夢を叶えることができました。(ホルモン補充治療をして18か月目)



・あなた美しい!



・ゴージャスな方ですね。



・その美しい瞳で私はいつもやられてしまう。



・とても美しい着物の模様ですね。



・とってもフェム!
似合ってるよ!
私があなただったら、これから毎日着物を着るわ。



・↑(投稿者)着るのを二人に手伝ってもらう必要がなかったら、私もそうする。

続きを読む

とても日本らしい謎の獣に海外も納得(海外の反応)

20191030657a8ea.png
引用元https://00m.in/CqQUH


・(投稿者)日本のおとぎ話で、森に住む異獣という奇妙な獣が存在することを今日初めて知った。
山を歩いていて、異獣に遭遇しても怖がってはいけない。
昼飯を分けてあげるだけでいい。
その獣は君の重い荷物を背負ってお礼をしてくれる。
異獣(いじゅう)は、鈴木牧之による江戸時代の書物『北越雪譜』で語られている謎の獣。 ある年の夏の初めのこと。越後国(現・新潟県)の問屋が遠方の問屋へ急ぎの届け物をすることになり、竹助という男が大荷物を背負って使いに出た[1] 。7里(約28キロメートル)の道のりの途中、山中で竹助が一休みして食事を取ろうとした[1]。 そこへ谷間の根笹を押し分け、奇妙な獣が現れた。サルに似ているがサルではなく、頭の毛が背中に垂れるほど長く、背丈は人間よりも大きかった[1]。獣が弁当を欲しいそぶりをするので、竹助は用心しつつも弁当をわけると、獣は嬉しそうに食べ始めた[1]。 安心した竹助は、帰り道にも弁当をわけてあげようと告げ、そろそろ出発しようと荷物を手に取ろうとすると、それより先に獣が荷物を背負い、竹助の前を歩き始めた[1]。お陰で竹助は苦もなく山道を歩ききることができた。 目的地が見えてくると、獣は荷物を降ろして山へと駆け去った[1]。その速さたるや、疾風のようであった[1]。以来、この獣は山を通る者にしばしば目撃された他、人家を訪れて食べ物をねだることもあったという[1]。 出典ウィキペディア



・つまり食べ物で働いてくれるシェルパ?



・なんて礼儀正しい獣なの。



・この謎の獣って妖怪でしょ?



・ま、日本が起源のクリーチャーなら、もちろん人に従順。



・他の国に比べて、日本には神話上のクリーチャーが多いようだね。



・なんて気持ちの良い獣なのだろうか。



・獣じゃないだろ。友達だ。

続きを読む



最新記事
スポンサーリンク
海外の反応アンテナ更新情報
月別アーカイブ
カテゴリ
このサイトについて
このサイトについて
プライバシーポリシー
問い合わせ
Twitter
過去の記事
RSSリンクの表示
検索フォーム
アンテナサイトのリンク集
順不同 敬称略
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンク2