<

江戸時代のカニの銅像だぞ!←「何のために・・・」(海外の反応)

kaigaiwelcome
日本文化
このカテゴリ一覧を見る
引用元 https://00m.in/l8YzQ
こちらの記事もどうぞ!
海外「ホントにあったのか!」江戸時代の日本の防具に海外興味津々!(海外の反応)

明治維新の4年前の東京の地図(海外の反応)

海外「不思議!」飛鳥時代の日本の不思議な石に海外興味津々!(海外の反応)

とても日本らしい謎の獣に海外も納得(海外の反応)

日本人がフェンシングのバトルロイヤルをやってる!←海外「武蔵はやはり吉岡一門を倒した」


・蟹の青銅製模型。江戸時代。(1818-1843)



・いいカニ。



・ガーナには、実際にこういう形のカニがいるぞ。



・緻密さがすごい。
青銅で鋳造されているか、金メッキされているか、とてもよくプレスされた型から作られているように見えます。
とても美しい。

・本当にクール。
祖母が70年代に持っていた真鍮製のカニを思い出した。



・蟹はどう感じたのだろうか。



・↑蟹のような気分。



・すごい。これは本物のカニかと思った。とてもリアル。



・この作品は、本物のカニの鋳型では・・・?



・彫像がカニに進化。



・これはロストワックス鋳造で作られているのでしょうか?ディテールがすごい。
ロストワックス鋳造とは、ロウを利用した鋳造方法の一種である。ロウで原型を作り、周りを鋳物砂や石膏で覆い固め、加熱により中のロウを溶かし出して除去することによってできた空洞に溶かした金属を流し込むと原型と同じ形をした鋳物が出来上がる。 抜き勾配やアンダーカットを考慮する必要がない等の特徴を有する。 ウィキペディア



・興味深い。金型を使っていたんだね。
でも、一部のパーツは生きた標本の型から作って、それを精製したのではないか。
それにしても、素晴らしい作品ですね。



・緻密さがすごい。
青銅で鋳造されているか、金メッキされているか、とてもよくプレスされた型から作られているように見える。
とても美しいです。



・で、何でこんなものが必要だったの?



・↑全ての芸術に実用的な理由が隠されているわけではない。



・よく似たものを持っている。蚤の市で買った。
これほど細かくはないが、しっかりとしたブロンズ製です。



・こういう奇妙なものをガレッジセールで見つけたいのに。
あるのは赤ちゃんの服かクリスマスの飾りだけ。



・そのうち面白い怒った顔をするだろう。
日本文化